• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

製品分野

iPSC再生医薬品分野

1. iPS細胞由来網膜色素上皮細胞(RPE細胞)

当社は、iPS細胞を分化誘導することで作製したRPE細胞を医薬品として提供することによる新しい治療法の実用化について研究開発を行っています。理化学研究所の髙橋政代氏らが中心となって考案したRPE細胞への分化誘導方法等に関する知見を基にして開発した当社独自のノウハウを用いて、効率的な培養方法の確立に成功しました。当社神戸研究所では、眼科医1名・Ph.D.3名を含む20名強の研究員が、これらの細胞を製剤化して加齢黄斑変性の罹患者の方々に施術・投与するための治療法と安全かつ効率的な生産方法の確立にむけて研究開発を進めています。

iPSC再生医薬品分野

また2014年より、産学連携によるiPS細胞関連技術の研究開発をさらに推進するために国立大学法人大阪大学にて、細胞製造システム工学(ヘリオス)共同研究講座を開設し、共同で研究を進めています。

2. 眼科領域以外への取り組み

iPSC再生医薬品分野においては、様々な研究機関から研究結果が公表されるなど研究開発の裾野が広がっています。当社では、そうした研究結果の実用化にむけて、シーズの拡充及び関連する共同研究にも注力していく方針です。

既にこの方針に基づき、公立大学法人横浜市立大学とヒト臓器に関する共同研究を開始しており、今後、様々な臓器を形作るプラットフォーム技術として、眼科領域以外の臓器についても人体への影響や免疫拒絶の少ない治療法の開発を進めてまいります。

化合物医薬品分野

すでに欧州で発売されているILMブルーすでに欧州で発売されているILMブルー

当社は、眼疾患の手術をより安全に行うための眼科手術補助剤の開発を行っており、海外市場向けのライセンスをD.O.R.C. Dutch Ophthalmic Research Center (International) B.V. (以下「DORC社」といいます。)に付与しています。

DORC社は現在、これを一部海外市場において製造・販売しています。

当該製品は、国立大学法人九州大学の研究グループが発見した染色性の高い色素を基に開発したもので、ブリリアントブルーG250(Brilliant Blue G-250)を主成分とする眼科手術補助剤です。

日本国内についても、他社との協力体制の構築などを含め、治験に向けた準備を進めています。