広報ブログ

2016.07.01

2016 BIO International Conventionに参加してまいりました。

みなさま、こんにちは。株式会社ヘリオス 広報チームです。

少し時間がたってしまいましたが、66~9日に、米国フランシスコにて2016 BIO International Conventionが開催されました。

今回当社は、日本貿易振興機構(JETRO)からお声かけをいただき「再生医療・細胞治療最新状況:新法適用後の動き」という演目にて、パネリストとして登壇させていただきました。

BIO2016日本の新しい再生医療等製品の承認制度は、再生医療の発展を加速するものとして大変期待されております。日本国内のみならず、海外で開発がすすめられた再生医療等製品でも、日本のこの制度に基づいて開発を行うことで、いち早く承認を得て患者さんに届けることができる可能性が高まることから、海外のバイオベンチャー等からもその関心が集まりつつあります。このようなインバウンド需要を取り込むことで、再生医療が日本を代表する新しい産業として発展することも期待されています。

そこでこのセミナーでは、海外でPOCProof of Concept)のとれた治療法を日本でいち早く承認を目指している事例として、当社とAthersys社の提携をご紹介させていただきました。

プレゼンテーション後は、医薬品開発を行っている企業の方からの具体的な質問もあり、終演後も意見交換が積極的になされており、日本の再生医療の現状に対する関心がさらに高まっていることが感じられました。

 

このイベントは、世界各国がバイオ産業への取り組みを展示発表するほか、各企業からのプレゼンテーション、新しい技術や取組に関する講演、企業同士の交渉の場なども設けられています。

広い会場もいくつにも分かれて大変広く、全てを見て回ることはできませんでしたが、日本のみならず中国・台湾・韓国などのアジアの国々の展示も非常に力が入っており、バイオ産業が将来の大きな産業としてとらえられていることを強く感じました。