広報ブログ

2018.11.08

2018年12月期第3四半期決算を発表しました

本日、2018年12月期第3四半期決算を発表いたしました。

決算説明資料は、これまでの説明資料と構成やデザインもかわっておりますが、これは代表の鍵本が自ら筆をとり、作成いたしました。

今一度起業の初心に立ち返り、その軸をぶらさずに着実に事業を進めたい、との思いが込められております。

各開発パイプラインの説明も従来通りに掲載しておりますので、ずいぶんと長編になってしまいましたが、ぜひご一読いただけましたら幸いです。

なお、今四半期でのアップデートについては、ページ右上に「UPDATE」と記しています。

体性幹細胞再生医薬品分野では、ARDS(急性呼吸窮迫症候群)を対象疾患とした臨床試験につき、治験計画届書を提出し、患者さんへの投与に向けた準備を進めています。(リリース及び、決算説明資料の26ページ~29ページをご参照ください)

脳梗塞の治験に続いて、当社として2つ目の治験となります。着実に進めてまいりたいと思います。