広報ブログ

2019.09.26

東京医科歯科大学の武部貴則教授のグループがヒトiPS細胞からミニ多臓器の作製に成功

この度、東京医科歯科大学 統合研究機構 先端医歯工学創成研究部門 創生医学コンソーシアムの武部貴則教授の研究グループが、シンシナティ小児病院との共同研究で、胎内で肝・胆・膵領域が発生する過程を模倣することによって、世界に先駆けてヒトiPS細胞から連続した複数(肝・胆・膵)の臓器を同時発生させる技術を確立し、さらに、多臓器の形成に異常が生じる遺伝疾患を試験管内で再現することに成功したことが発表されました

研究成果は、国際科学誌Natureに、2019年9月25日午後6時(英国時間)にオンライン版で発表されております。

詳細は、東京医科歯科大学からの発表をご覧ください。

「ヒトiPS細胞からミニ多臓器(肝臓・胆管・膵臓)の作製に成功」【武部貴則 教授】

 

この度のミニ多臓器の研究に、当社は現時点での直接の関わりはございません。

武部教授には、当社の子会社である(株)器官原基創生研究所の取締役に就任いただいており、2013年に武部教授らが発明された臓器原基技術を用いて機能的なヒト臓器の作製の実用化に向けて協働しております。