• 文字サイズ
  • 標準
  • 拡大

会社沿革

2017年4月 BBG250を含有する眼科手術補助剤にかかる事業を株式会社デ・ウエスタン・セラピテクス研究所に譲渡
2017年2月 株式会社ニコンと再生医療分野における業務・資本提携契約を締結
2016年4月 米国 Universal Cells, Inc.と免疫拒絶のリスクの少ないiPS細胞の開発に向けた共同研究契約を締結
2016年1月

米国 Athersys, Inc.と国内における幹細胞 MultiStem®を用いた再生医療等製品に関するライセンス契約を締結

2015年10月

公立大学法人横浜市立大学 先端医科学研究センター内に横浜研究所を開設

2015年6月

東京証券取引所マザーズ上場

2014年10月 公立大学法人横浜市立大学とiPS細胞等を用いた再生医療等製品の共同研究を開始
2014年9月 本店を東京都港区に移転
2014年2月 大日本住友製薬株式会社との合弁会社、株式会社サイレジェンを設立
2013年12月 大日本住友製薬株式会社と日本国内におけるiPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植による加齢黄斑変性治療法の開発に関する共同開発契約、特許実施許諾契約及び合弁契約を締結
アキュメン株式会社より眼科手術補助剤に関する事業譲受け
2013年10月 神戸市中央区に研究室(現:神戸研究所)を開設
2013年9月 商号を株式会社ヘリオスに変更
東京事務所、本店を東京都中央区に移転
2013年3月 独立行政法人(現:国立研究開発法人)理化学研究所とiPS細胞等を用いた加齢黄斑変性の網膜色素上皮細胞治療に係る特許実施許諾契約を締結
2013年2月 iPSアカデミアジャパン株式会社との間で網膜色素上皮細胞を有効成分として含有する細胞製品に関するiPS細胞樹立基本技術に関する特許実施権許諾契約を締結
2012年12月 東京都千代田区に東京事務所を開設
2011年8月

独立行政法人(現: 国立研究開発法人)理化学研究所より理研ベンチャー制度認定

2011年2月 福岡県福岡市東区において、株式会社日本網膜研究所(現:株式会社ヘリオス)を設立
iPS細胞由来網膜色素上皮細胞移植による加齢黄斑変性治療法の実用化戦略を検討開始